最低限知っておきたい食事のマナー

食事のマナーって、知っているようで知らなかったり、正しいと思っていたことが間違っていたりと、自分だけでは判断が難しいですよね。
中途半端な知識で恥をかいている場合もあります。

中華料理の場合、お皿を持ち上げてはいけません。
持ち上げて良いのは、茶碗とレンゲのみです。
料理は大皿に盛って来るので、人の分まで取り分けてしまいそうになりますが、それもNGです。和食とは違い、取り皿は何枚重ねても大丈夫です。

和食の場合、手皿は不作法です。
テレビ番組の食レポ等でも、箸で摘んだ食べ物を口へ運ぶ際に、こぼさない様に手を口元まで添える動作をよく見かけますが、あれは「手皿」と言い、一見上品に見えますが、自分の食事の仕方が下手と言いっているようなものです。
箸の置き方は、お膳の手前に頭(太い部分)を右にして横に置きます。
洋食の場合、銀の器に水が入って運ばれてきますが、これはフィンガーボールと言い、海老や蟹などの甲殻類を手で食べた後に、手を洗うものですが、使っても遣わなくても自由です。

代表的なマナーを挙げてみました。
間違ったマナーで一緒に食事をしている人に不快な思いをさせないよう、最低限のマナーは押さえておきましょう。
楽しい食事のひと時を送ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です