地元で400万で売られていましたね土地

噂の太陽光発電ですが、1500万プラスで一体最初にいくらかかるのかというのが問題ですね。
ぶっちゃけ関東ではなくても、太陽光ってあるので、田舎の土地を買って、そこにつけた方が実は得なような気がします。
蓄電池500万が非現実との事でしたが、まあそれは金額からいったら現実的です。
1500万、これをローンで一体何回返済で、保証人などはどうなるのかというのが最大の焦点です。
つまり、田舎の更地、300坪、これを安く買う、で、そこに太陽光発電を1500万で置く、設備費用トータル2000万、これで、決めておきたいのは、本当に毎月の保証があるのかどうかという事でしょう。
ないと電力会社の罠という奴ですね。全く持って腹正しい話です。
まあ国が再生エネルギー法案だとかで決めたのですから、ある程度信頼性はあるのでしょうけど。
例えば、3600万、20年というと1年160万です。大体14万月に入ってきて、設備のローンなどがいくらひかれてそれが安全なのか、という事を契約にしておいてそれで、何とかなる感じですよね。
関東は場所によっては高いイメージがあります。田舎の土地だと本当に田舎でいいなら、なんとかなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です