ねば~る君に会いたいネバ~

現在、全国には2000体近くのゆるキャラが存在しています。
日本はゆるキャラ天国と思いきや、最近は乱立し過ぎて競争が激化、当人たちにとっては地獄かもしれません。

ここ最近、ゆるキャラ界で急に台頭したゆるキャラがいます。
それは茨城県の非公認ゆるキャラの「ねば~る君」です。
彼は納豆の妖精と言う事で、千葉県の非公認ゆるキャラ「梨の妖精、ふなっしー」の二番煎じ感が強いですが、ねば~る君のインパクトは元祖にも負けていません。

茨城県には、公認キャラクターの「ハッスル黄門」や「みとちゃん」がいますが、メディアへの露出度はねば~る君に及びません。
茨城県のご当地キャラの中では、初めてメジャーなゆるキャラが誕生した事になり、納豆が大好きな私としても嬉しい限りです。
それにしても、人気のゆるキャラがどちらも非公認というのは、皮肉な偶然ですね。

ねば~る君は納豆の妖精らしく身体をなが~く伸ばしたり、泣いたり、舌を出したりと、ふなっしーにはない表情を出せるのが強みです。
これからも納豆普及のために、もっともっと活躍してふなっしーのように海外にも名前が知られるようになって欲しいですね。

茨城県は都道府県別魅力度ランキングで最下位が続いている残念な県です。
潜在的な魅力は十分持っていると思うのですが、アピールが足りないようです。
ねば~る君の頑張りで茨城県の魅力を存分にアピールし、最下位脱出に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です